スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーパ?

9月27日 午前7時
朝靄のたたずむ中、湖畔に立つ私

今から起こるであろう釣果を想像すると(恥ずかしくて)膝が震えます。。

周りを見渡せば湖の中央に島があり、
 (30mほど向こう・・)
遠く対岸は霧にかすみ、
 (6,70m向こう・・)
耳を澄ませば名も知れぬ鳥の鳴き声が、
 (鳥の名前を知らないだけ・・)
近くを見やると土人たちが朝の狩に走り回る姿が、
 (地元の人がジョギングしてます・・)

ここは、kasuyamati の kayoityoukouen です。
湖(世間では池とも言います)の全周は約4.2km。

狙うは、ビッグサイズ!
気を落ち着ける為に大きく深呼吸して、構えて、
まず第一投!!

いきなりのバッククラッシュ・・・
10分かけて何とか元に戻しました

おっ、向こうでライズを発見
第二投!

続けて、三投、四投、、、

朝の静けさのなか、
ルアーの飛ぶ音、引き戻すリールの音、
凪(?)の鏡のような水面をラインがスーッと切っています

しかし、魚の当たりの欠片もありません

ルアーが悪いのかもしれない

表層狙いのホッパーに変更

どぉりゃぁー!
 (軽いし下手くそだから力いっぱい投げないと飛びません)

良い具合に飛んで
向こうにルアーの落ちる音とともに波紋が広がります

が、

手応えが   無い
    全く   無い

慌てて糸を巻いてみると、
ルアーを結んでいたラインは部品が抜けて、
ルアーだけがそのまま吹っ飛んでいった模様・・・

100円ショップで売っていたルアーだからね
文句も言えない・・

気を取り直し、
ルアーをスピナーに変更

とぉりゃぁー!

飛んでいったルアーが水面下に沈み行く途中のことです
いつもなら、
 続いてラインが水面を切るように手前に落ちていくのですが、
今回は、
 ラインが張って、向こうへスーッと伸びていくではありませんか!

北!
いや違う、来た!
当たりだ!!
ドラグも効いてラインが伸びます。。

よし、巻こう!
と、思ってリールに手をかけてちょっと巻いたら・・・

グッと張っていたラインが急にたるんでしまい
抵抗がなくなります

残念ながら、ばれたようです・・・・・

きっとあれは、50cmクラスのランカーサイズに違いありません
思い起こしてみれば、
水面からライズしてそのビッグサイズの魚体に朝陽が反射して眩しかったような気がしてきました。。。
段々と、そんな気がしてきました。
惜しいことをしたものです・・・
 (その日、kayoityoukouenn にいた幾人かの釣り人に尋ねた結果、
  時として40cmオーバーのブッラクバスが釣れる事がある
  だけど、食いが渋くて、誰も釣れてないようだ・・・
   とのこと、、     )

その後は、
投げても投げても
ルアーをロストするばかりで、何の反応も無し
という寂しい結果に・・・
2時間で6個のルアーをロスト
 (まぁ、ワーム以外、全部100均のだけど・・)

1回だけ、
湖に向かって投げたはずのワームがナゼか奥の陸地に飛んでしまい、
ワームを狙って
この公園で最強の野生動物に追っかけられたことがありました
 (世間では、野良猫ともいいます
   エサを上げる土人たちが多いらしく、
   数は多いし、毛並みも良い。)

ブラックバスは向いていないのかもしれない

今度は、あれだな、
シーバスだな。。。
それとも、エギングでイカ釣りかな。。





先週の土・日にあった波を逃しているので、
1ヶ月近く波乗りをしていません
波が来ないものか・・

来月中旬は
いよいよ宮崎詣での予定
こんなことでは、行っても乗れないかも・・

スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。