スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーパ?

9月27日 午前7時
朝靄のたたずむ中、湖畔に立つ私

今から起こるであろう釣果を想像すると(恥ずかしくて)膝が震えます。。

周りを見渡せば湖の中央に島があり、
 (30mほど向こう・・)
遠く対岸は霧にかすみ、
 (6,70m向こう・・)
耳を澄ませば名も知れぬ鳥の鳴き声が、
 (鳥の名前を知らないだけ・・)
近くを見やると土人たちが朝の狩に走り回る姿が、
 (地元の人がジョギングしてます・・)

ここは、kasuyamati の kayoityoukouen です。
湖(世間では池とも言います)の全周は約4.2km。

狙うは、ビッグサイズ!
気を落ち着ける為に大きく深呼吸して、構えて、
まず第一投!!

いきなりのバッククラッシュ・・・
10分かけて何とか元に戻しました

おっ、向こうでライズを発見
第二投!

続けて、三投、四投、、、

朝の静けさのなか、
ルアーの飛ぶ音、引き戻すリールの音、
凪(?)の鏡のような水面をラインがスーッと切っています

しかし、魚の当たりの欠片もありません

ルアーが悪いのかもしれない

表層狙いのホッパーに変更

どぉりゃぁー!
 (軽いし下手くそだから力いっぱい投げないと飛びません)

良い具合に飛んで
向こうにルアーの落ちる音とともに波紋が広がります

が、

手応えが   無い
    全く   無い

慌てて糸を巻いてみると、
ルアーを結んでいたラインは部品が抜けて、
ルアーだけがそのまま吹っ飛んでいった模様・・・

100円ショップで売っていたルアーだからね
文句も言えない・・

気を取り直し、
ルアーをスピナーに変更

とぉりゃぁー!

飛んでいったルアーが水面下に沈み行く途中のことです
いつもなら、
 続いてラインが水面を切るように手前に落ちていくのですが、
今回は、
 ラインが張って、向こうへスーッと伸びていくではありませんか!

北!
いや違う、来た!
当たりだ!!
ドラグも効いてラインが伸びます。。

よし、巻こう!
と、思ってリールに手をかけてちょっと巻いたら・・・

グッと張っていたラインが急にたるんでしまい
抵抗がなくなります

残念ながら、ばれたようです・・・・・

きっとあれは、50cmクラスのランカーサイズに違いありません
思い起こしてみれば、
水面からライズしてそのビッグサイズの魚体に朝陽が反射して眩しかったような気がしてきました。。。
段々と、そんな気がしてきました。
惜しいことをしたものです・・・
 (その日、kayoityoukouenn にいた幾人かの釣り人に尋ねた結果、
  時として40cmオーバーのブッラクバスが釣れる事がある
  だけど、食いが渋くて、誰も釣れてないようだ・・・
   とのこと、、     )

その後は、
投げても投げても
ルアーをロストするばかりで、何の反応も無し
という寂しい結果に・・・
2時間で6個のルアーをロスト
 (まぁ、ワーム以外、全部100均のだけど・・)

1回だけ、
湖に向かって投げたはずのワームがナゼか奥の陸地に飛んでしまい、
ワームを狙って
この公園で最強の野生動物に追っかけられたことがありました
 (世間では、野良猫ともいいます
   エサを上げる土人たちが多いらしく、
   数は多いし、毛並みも良い。)

ブラックバスは向いていないのかもしれない

今度は、あれだな、
シーバスだな。。。
それとも、エギングでイカ釣りかな。。





先週の土・日にあった波を逃しているので、
1ヶ月近く波乗りをしていません
波が来ないものか・・

来月中旬は
いよいよ宮崎詣での予定
こんなことでは、行っても乗れないかも・・

スポンサーサイト

高速道路無料化

来年度より、
北海道と九州で全国に先駆けて高速道路の無料化!
が実施されるそうな。。。
 (と、ヤホーのニュースに出ていたが・・)

それはそれで、嬉しい話 ♪

しかし、温暖化対策、雇用、道路の維持、財源などなどの
 問題はどうなるのか?



あまり政治向きのことは書きたくないけれど、
 日本の行く末はどうなるのか!?
という思いと、
 この国のマスコミは本当のことを全て伝えているのか!?
という思いが・・・

過去の小泉劇場でマスコミがやってしまった失敗、
それともワザと・・
今回の選挙の過程でも色々あった様子・・・

判断する為に必要な情報が、
マスコミサイドで弄繰り回して2次加工されて出てくる情報
に変わり、
分かりやすいステレオタイプの情報に替えられている気がする

今更ながら、ネットで各種の情報を読んでると、
「えっ? ホントかいな??」
なんていう話が出てくる

気のせい???

膝波?後で言われても・・・

波が無い!
と見切りをつけた日曜日の朝

早々に波乗りを諦めて
(前日に一所懸命ワックスを塗ったんだけど・・)
ルアーフィッシングの準備です

5年以上前に息子がやってたのを引っ張り出しました

北山ダムまで行こうかとも思いましたが、
時刻は朝7時過ぎ
本日は近場の犬鳴きダムへ

そうです
あの霊ポイントで有名な犬鳴きトンネル(旧道)がある犬鳴き・・です
思い起こせば20年以上前の学生時代
友人のファミリア(MAZDA)に4人が乗って度胸試しに行きました
入り口にはマネキンが投げ捨ててあるし
(なんでも、誰かがトンネル入り口に吊るしたマネキンらしい・・)
トンネル内の照明は覚えてもいませんが、
暗かった・・ことは覚えています

そして、
そして事件は起きました

Uターンして戻る途中で
車がナゼかエンスト・・・・・
ライトも消え、周囲は真っ暗に・・
セルモーターは回る音はすれどエンジンはかからず
ドライバーの悪戯と誰もが思いましたが
そいつも必死な顔でキーを廻しています
やっとかかったエンジンを吹かせて、逃げるように帰ったのでした。

今から行く犬鳴きダムは、
そういう零場があるせいか、
時々、死体を投げ捨てただの、死体が見つかっただのと
新聞を騒がす場所です

何もそんな所でルアーフィッシングをしなくても
とも思いますが、
近場でバス釣りのポイントを知らないもので・・・

恐る恐る犬鳴きダムの周回道路へ

目指すは一番奥の公園です

所々に車が停めてあります
先行する釣り人(?)がいるようです

誰も停めてない駐車場に車を停めて、

それにしても山は涼しいですね
海の暑さとは違います
吹き渡る風もとても涼しい
いや、犬鳴き=霊場=死体・・・という連想の下では寒い気もします
(幸い、霊感と言うものはこれっポッチも無くゾクゾクトは来ません)

タックルを用意して
昨日、泥縄で覚えたクリンチノットでリグ(釣り針)を結び、ワームをセット。

さあ、第一投。

なんか良い感じでルアーが飛んでいきます
(狙った方向とは違うけど・・)

ゆっくりとルアーを引きます
が、
この感触は・・
相当の大物です

しかも以前に慣れ親しんだこの感覚・・
私のシックスセンスによるとルアーロスト決定!

気を取り直し
次の準備です

今度は、趣を替えスピナーベイトへ

振りかぶって
力強く前に振り出します

おおぉ。

かなりの飛距離が出そうですね
惜しむらくは、ルアーが釣り糸で繋がっていない・・・・・

再び気を取り直し、
ジグヘッドをこれでもか!と結び、
ワームを正しく付けて準備完了。

結び目が心配で、ギュッと引っ張って確認

・・・
ちょっと手が切れてしまいました
・・・

手は切れたものの、ルアーは無事で
やっと、ルアーフィッシング再スタート。。

投げては引き、
 投げては引き
  投げては引き

何となく狙った所辺りに投げれるようになってきた気がします

もちろん、
その後もルアー、ワームは次々と行方不明となり
午前10時半
納竿です。

当然ですが、釣果ゼロ

今度は海でルアーフィッシングしてみましょう

夏を惜しむ週末

波を期待できない週末

土曜日の夕方は、スケボー修行
もしかしたら、世界大会に行けるかも!?
と錯覚するこの動き
・・ターンは自在(に近い)・・
以前と較べても、蹴ってからのターン、
フロントサイドはもちろん、バックサイドでのボトムターン(もどき)の動きもスムーズに。。

そして、日曜日
昨日は、一応波があったらしい。
それなら・・!
と朝からT川へ

大潮満潮の2時間前
タップン、たっぷんのメタボ波
おまけにジェトスキーだらけ・・
むなしく、午前中のドライブが終わるのでした

午後、
潮が引けば乗れるのでは!?
と、頭のランプが点り、
早速N多へ

海と砂浜は
夏を惜しむ若者で天神なみの混雑!
(の訳は無いけれど、人、人、人・・・
そしてBBQの美味しそうな香)

ふっと海の方を見ると、
  海パンいっちょでポーズを取る姿が・・・

誰や、この阿呆は?

・・・O本さんじゃないですか・・・

周りの女の子に体を触らさせて顔はニッコニコ♪
(逆なら危ないけれど・・)
お尻をボードで突付いて突っ込みを入れてやりました
サーフカヤックを持ってきたけれど
風が強いから日光浴だけしてるよ。。だって

さて、M苫に着いたものの
オンショアの風が強すぎてグチャグチャ

せっかくだからと入って試みるも、
1時間で何とか2本乗っただけでやがて干潮で波も消え、
私も退却

帰りの浜には
大きなクラゲが1匹、
中サイズの樽イカが2杯、
打ちあがっておりました

こんな所でもイカがいるんだよね。。
今度はルアーフィッシングで狙おうかな。。
駐車場であった釣り人も、イカが来てるらしいと言ってたし。

日曜日に波が来た!

久々に、
週末の福岡に乗れる波が来ました!

朝早く風が出る前の方が良い、との予報。

で、起きたのが午前6時で、
N多に着いたのが7時20分・・
(4時半に目が覚めたとき、起きれば良かった
  でも、真っ暗なんで、ついつい・・・)

もうちょっと大きい波を期待していたのですが、
膝からモモというサイズ

今日はロングボード,
それとも、ショートボード?

いっちょ前に悩みます

波も小さいし、今日はロングボードだな、ウンウン
(こんな日にショートで出ても、
上手くないから全然乗れないままで終わってしまう・・・
という過去の教訓ですね。)

海パンに速乾性Tシャツを着込み、
海に入るもちょっと寒い気も・・・

海パンのみで出撃している隣の兄々に
「寒くないかい?」
「初めはちょっと寒いけど、動いていれば全然OKですよ」
との答え。

。。よっしゃ。。

しかし、息が上がり気味
大丈夫か?俺・・・

良い波がちょうど来たのだけれど、
呼吸を整えている最中でテイクオフできず・・

波はぼちぼちサイズもあるのだけれど
ジャンク気味で乗りにくそう・・

と思いきや、
これだ! パドル! テイクオフ!
わずか何秒かの恍惚タイム。。

しかし、やっぱりジャンク・・
波数は多いのだけれどブレークがあまり一定せず
乗りにくいこと甚だしい

北東の風でカレントにより結構流され、
気が付くと
漁港の堤防が直ぐそばに・・

一番良いポイントには、
下手ながら兄々達が集団で入っていたので入れず

それでも場所を移動しながら、
良いブレークポイントを探し
なんとか何本か楽しませてもらいました


ふと気が付いてみると、
呼吸はいつの間にか整い、全然問題なし!
久し振りのパドルも、肩、肘、腕ともに全然問題なし!

しかし、直進シンプルライフから脱却できるのはいつの日か!?
ま、今のところ、
直進シンプルライフでも、理屈抜きに楽しいですね
何秒かの恍惚タイムを夢見て
海に通う日々は続きます

さて、2時間半ほど乗って、
波数も減りサイズも更に下がり、
上がり時のようです。

M苫に行くべきだったのか、悩みどころです。
後日、同時刻のM苫の映像を見ましたが、
ちゃんとうねりからのブレークで、良い感じ、
サイズもやや大きかったみたいだし・・

人もそこまで多くなく、

行ったら良かったかな・・・

それよりも、午後にもう一度出撃をしたかった。。。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。