スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎より良い波が来た?

前日の波予報から、
今日はフラット!
と踏んでた日曜日です

朝起きるのも気合が入りません・・

今日はお魚釣り

何処に行こう?

北山ダム・・・時間からして遅い(時刻は8時半)
kayoityoukouenn・・・釣れない
犬鳴きダム・・・怖い

そうだ! 多々良川の箱崎埠頭よりに行ってシーバスを釣ろう!!
橋の橋脚の周辺とかいかにも釣れそうではないですか!?

と、
現地に行くも、
堤防下から直ぐに消波ブロック(?)で高さもあり、
とても竿を出せそうにありません

沖へ向けて移動し、
人工島とを結ぶ橋のたもとには、釣り人多数
ど素人の私が入り込んで竿を出す余地はありません

どうしよう・・

避けてましたが、
N多漁港周辺へ目的地変更
(波乗り以外で行くなんて・・)

現地着、11時前

思った以上に風が強く、
ホームのN多漁港脇はジャンクでグチャ・・、ながらも波打ち際でブレーク

おやぁ?

ふとM苫の眺めやると・・・集結!
双眼鏡でチェックすると、
波は来てるようだが小さく、15分歩いて行くほどでは・・

N多N多へ移動してリールを竿にセットして、いざ。。
波は小さい小さい
風裏だから面はキレイでうねりもキレイだけど、、、
おまけに波打ち際ブレークで乗れそうも無い

途中の突堤に上がり海を眺める わ・た・し・・

お魚釣りと決めたものの
波が来れば、
例えそれが小さくてもついつい目が行き、

うねってるうねってる
アァ、盛り上がって
おぉ、このタイミング!
そこからブレークして。。。。。

と波を追いかけてしまうものですよね。

釣竿片手に10分ほども海を眺めていたでしょうか

後に波チェックと思しき人影が・・

「波小さいですね」
「皆はM苫に行ってますね、N多はジャンクだし・・」
「何か乗れそうな、遊べそうな、遊べなさそうな・・微妙ですね」
「そうですね、でも、ほら、遊べそうな。。」

などと雑談しているうちに
波数が増え、サイズも増し、

行けるんでないかい!?

そうと決まれば、速攻自宅に戻り準備を!
先に入ってます、と、彼も車へ


行って戻って、今は12時。

小さいけれど遊べる遊べる
サイズは膝上10cm~モモ
既に5人ほど入っています

海に入ると、何やら小さい小さい小魚の大群が右往左往
(もしかして、釣れた?)

波も小さいけれど、遊べる遊べる♪♪
Fun Time ♪
半ば、テイクオフの練習ですが。。。

ボード上での位置やスタンスに心を配る余裕があります
張り切りすぎるとレールを食われて・・・
食われないギリギリを体得しなくてはいけないのでしょう

2時間ほど遊んで
セットもほとんど来なくなったので、今日は上がり。
私しかもういないけど・・

着替えていると
先ほどの彼が車で前を通過
「どうも、また海で!」
「こちらこそ、また海で!」

私もクロスステップ、覚えてみようかな。。

スポンサーサイト

宮崎 こういう日もあるさ

日曜日
流れ星に願いを掛ける暇が無かったので、

波は更にサイズダウン
福岡の波だったら、帰っているかも・・・・・
しかし宮崎まで来ていて、
ただで帰る訳にも行かず、
 健気に(?)ショートボードに挑戦

何の抵抗も無くアウトへ出て、
ひたすら沖を見つめます。

沖合いの海面の微妙な変化を感じ取らなくてはいけません

お、あの筋状の海面のざわめきは
ナブラか! ウネリか?

サイズは無いし、力も無い、、、

テイクオフしてパンピングするのが精一杯
とても再度へ走るどころではありません
トイレ前とかへ行けば良いのだろうけど、
こんな波でもそれなりに人が一杯・・

途中、松Mさんとボードを交換しましたが、
いきなりテイクオフして立ちかけてます。。
運動センスの違い、ということなんでしょうなぁ・・
松Mさんのロングボードは私のよりも大きくロッカーも強く、
こりゃぁ中級者向け
一度も立てず・・・・・

海との対話も話す甲斐が無く、疲れるのみ・・
早々に上がって、
松Mさんの真似をしてミカンを食べる私でした

せっかく宮崎へ来ましたが、
さすがに今日ばかりはお手上げ・・・
まぁ、こういう日もあるさ。。。

宮崎 オリオンに星が流れ・・

2時頃、木崎浜着。

まずはニューウェイブへ寄って、御挨拶。
(一度は顔を出しておくことで、
何かトラブルがあっても大丈夫では・・!?
と何となく根拠も無く安心。)

海岸に出ると、
波は、日向より更に小さく、人も少なめ。
でも、乗れる所は限られてるから・・・・・

あ!松Mさんです。
やはり、おられました
(何となく嬉しい。。)
お!横にいるのはN田さんじゃないですか。

夏の世界大会に出場したお二方です

本日朝方4時半まで飲んでいたN田さん、
予定が迫って時間が無い、
と急いで着替えて波乗りへ。

毎週いつも土曜の昼から来ている松Mさんも、後を追って海へ。

そして、私も、いざ海へ!

遠くから来る波に思いをはせて、
来る波、来る波に
「君はいったい何処から来た波だい?」

小さいながらも
「ハワイだよ!」
と答えてくれる波だと
「よっしゃぁ!」
とサイドへ向けてシンプルライフ。

「ちょっとその辺りから・・・」
と答えが来ると
「いってらっしゃ~い・・」
と旅の行方を見守るのでした。

それでも第2ラウンドは疲れる、、、
波に力が無いからパドルで勝負しなくてはいけない
波が小さい方が疲れるとは・・・・・

松Mさんは、というと・・
(少ないとは言え)集団の真ん中に陣取り、
ライディング中にステップを踏んでボードの前方へ。。。
まだハングテンとは行きませんが、
まぁ、時間の問題であると見ました

疲れて早めに上がった私は、
着替えてスポーツドリンクを飲み、一休み。
夕暮れのくれる中、読む文庫本は、
 『フィッシュオン』(by開高健)

上がってきた松Mさん、
宮崎の有Tさんとココで会う約束が・・とのこと
やがて来られた有Tさんから情報取得。

さあ、定番の杉雨荘へ温泉に入りに行きましょう

今までと男風呂と女風呂が逆転してました
危なく、間違えて入るところでしたよ・・

スーパーへ買い出しに行き、浜へ戻って夕食。

世界大会では、美人と噂の高いレベッカ嬢を見たのか!?
ポルトガルでの生活は?
お倉が浜での波乗りで注意することは?
とかとか・・

9時過ぎには就寝する健康生活
(小さい)波の音がBGM

午前3時過ぎに小用で目が覚めて、車外へ出ると、
天空は一面の星空。。。
ハッと気が付いてオリオン座を見ると流れ星が一つ・・・
噂のオリオン座流星群
(ハレー彗星の尻尾のかけらで、今週夜がピークです。)
波よ上がれ!
と念じる間もなく消え去る流れ星でした

日向 ジタバタ・アップス

土曜日の朝、6時半。
日向の国、お倉々浜に到着

期待虚しく波は良くて腰サイズ(地元の方に確認済み)
手前のテトラ側では波数少なくせいぜい膝・・・

ショックで再度の仮眠を取った後、
10分ほど歩いてまだしも波がある中央部へ移動
(この日は波が少なくピークが限られてる為、人数が少ない割りに込んでる)
ちょうどこの日のピークとピークの狭間で、
そこそこのピークだけど人がいない!
セットでモモ尻サイズだけど、結構乗りやすいうねりの波 ♪

沖からウネリが来た、来た、来た
テイクオフ♪
全てを忘れる数秒間。。。

ようやくups&downsをまあまあ決めることができるようになって来ました
題して、ジタバタ・アップス!

位置が悪いのでしょう
沖への弱いカレントがあるようで
フッと気が付くと、両サイドのピークに陣取る皆よりも沖へ流されます
気が付いてはイン寄りへ戻る、
を繰り返した3時間
(場所を移ろうかとも悩みましたが、
ピークは人が多いし、波が小さいからまあ大丈夫だろう、
沖へ流され過ぎないようにしよう、と注意してました。)

11時、満潮を迎え、
サイズも落ち、何より波数が減り、
第1ラウンド終了。

朝買っておいたコンビに弁当を食べ、腹もくちくなり、お昼寝。。。
嗚呼、これまた至福の時間。。。
(足りないのはビールだけ・・・)

サーフカヤックで入る時は、
手前に球場があるのでその裏手の駐車場に停め、
松林を抜けて海に出ると良いのだとか。。
(WFKの松Mさん情報)


さあ、木崎浜へ向けて出発。

ボビー、何故、君はボビーなの???

11日の日曜日です。
昨日の土曜日はサイズもあり纏まった良い波がT川方面ではあった模様

その名残を求めて、
午前8時半過ぎにT川に到着。
パッと見た目は、波数少なく、サイズも膝~モモ?
波が小さいせいか、サーファーさんはあまりおらず。

でも、じーっと見ていると、
  河口では腰ぐらいの良いセットが入っているではないですか!

よっしゃぁ♪

というわけで、喜んでゲティング。。。

ただ、

河口は良いセットが入ってくるのに
ただでさえ少ないサーファーが更に少ない・・・

ココは、ローカルオンリーだったけ?
いや、そんなことは無いはず

いかにもローカルっぽい髭ボウボウの体のでかい強面が真ん中に陣取っている為か??
そう言えば、昨年の夏も彼を見たな!

避けたいけれど、
そこに行かないとセットが無い・・

ええい、ままよ!
俺だって、N多&M苫のローカルだ!
(=ビーチクリーンに来るよそ者 )

「こんにちは♪」
と話しかけ、雑談開始。

結構気の良いお人で、
この辺りのカレントを含めたポジションの取り方
から、今日の波の特徴まで、
色々と説明してくれました。
有り難いことです。。

「あ、今度の波、良いですよ!」
と譲ってもらい、テイクオフ!

気持ち良く、ロングライドをして。。。
気持ち良く・・!?

 甘い!

結果は気持ち良くでも、
ライド中の頭の中は、
後ろ足は何処だ?
膝を屈伸!
体を開いて・・、目線は下を見るな!
ここで、反対に体を捻ったけどボードが付いて来ん?
アァ、重心を前足荷重に・・

雑誌や本に書いてあることを
バラバラに思い出し、パニック状態・・・・・

でも、乗り終わったら、
  いやぁ、最高ですね。。。

彼の横に戻ってお礼を言い、遅れたけれどと自己紹介。
すると彼曰く、
「あ、僕のことは皆、ボビーっと言ってますので、ボビーで良いですよ。」

え、

ボビー!?

日本人だよね・・・?

何故? ボビーと言うの???
もしかして、クリスチャンネームがロバート!?

よく分からんけれど、外人さん(?)の知り合いが出来ました
30歳半ばで、結婚まもなく、
かわいい嫁と1歳にならないかわいい娘さんが家で待っているとか

3連休も、
「今日、海に・・・?」
「ダメ!」
という会話を繰り広げ、中日の日曜日だけやっと海に出てきた。。。
今年は、1月に海に入ったきり
休みの度に上記の会話を繰り返し、
9ヶ月ぶりの海だとか・・・

う~ん、頑張ってね!

その後も、ボビーから色々と助言をもらい
パーリングにライディングに楽しませてもらいました

ボビーよ、有り難う!!

お昼頃になると、
波数もサイズも、格段に落ちて、上がり時でしょう。

そう言えば、
ジェット団の面々が3機、登場して女の子を乗せ沖合いに出発してました。
一応決められたルートで、きちんとしてましたね。


帰りに、K浦をチェックしようと、
走っていると、
携帯に着信が。。。
ムライさんからで、もしかして後ろを走っていないか?

前方を良く見てみると
見覚えのある梵語ブレンディが走っています

K浦で合流して、暫しの雑談。
K浦は、セット膝あるかな!?

以前と較べて、トンビが減ったような気もするが・・
ムライさんによると、
もうそろそろ魚が岸に接近する時節だとか
今度は、ルアーフィッシングの準備もしておこう。

3日【土曜日】に波が来た!

N丈へ行こうと早起きを試みるも、無残に失敗・・・
目が覚めたのが午前6時
西を諦めて、東へGO!

8時前にT川着。
オンショア強く、サイズはボチボチあるがジャンク
おまけに昨日の雨で川の濁り水が入り、泥の海・・・
何人か入っているものの入る気にならず

何気に周囲を見渡すと端の方に小屋を発見。

おっ、トイレでも作ってくれたのかな?
有り難や、有り難や
・・と思いきや、監視小屋だそうな
moritomoさんのブログで知ったとおり
T川の北九州よりの右岸(?)にジェットスキーの通り道が出来、
(と言っても波があったり、冬になったら来ないやろうけど、、)
波乗りゾーンは河口の先の右寄りと福岡よりの左岸のみに限定されて、記されています。
別にテトラに挟まれた所には遊泳ゾーンもあることから考えると、
夏シーズンに限定された処置のようですが・・・

ま、今日T川では乗る気が起きずK浦へ

8時過ぎにK浦に着くと結構車も停まってます
おぉ、波がちゃんとあるし海も濁っていない!
着いた時点では結構サイズもあるように見えるし。。

ということで
シーガルに着替えて、
サイズもあるし今日はショートボードに乗ろう!
と思い、ワックスも塗り塗り。。

さあ ♪と海を振り返ると
サイズが小さくなったように見えるのは気のせい!?
止む無くロングボードに変更

浜に降りて海の彼方韓国を見つめる私
その海からジョボジョボ言わせながら上がってきたのはムライさん。

朝早くから来てたようですね
7時半から入っているけど
7時に入ったM木さんによると早朝はもっとサイズが合ったという情報
(この時点ではM木さんは撤退済み)

海に入ると
陸で考えていたよりもサイズがありセットで腰&しかもメロウな感じ
数えきれないぐらい乗れるのでは!?
と喜びに震えますが
やっぱり風波ジャンク&腕が無い!
ハッキリ言ってあんまり乗れず・・・

満潮は9時前

時間の経過で再びサイズアップするのでは?
という予想の下に
じわじわとサイズの下がる海で粘るも、
 あまり乗れないのは相変わらず・・・

ピークを掴み取る予測と覇気に欠けてましたね
思い返すとナゼちょっと向こうに行かなかったのか?
と思いますが、
浮かんでいる所に波が来るのを待つ!
という待ちの姿勢が悪い。

・・・今一つ弱気
   もっと積極的に取りに行かねば!!・・・

3時間ダラダラして、
お昼を食べに

ムライさんと雑談しながらお昼を食べて
いざ、
お昼の出撃!

干潮へ向けて潮が引き、アウトが遠い・・・
ムライさんは
歩いてアウトへ出て良い波が来るとボードに飛び乗る
「い号」牛飼い作戦で順調に波乗り中。
(彼はそのためにリーフシューズも履いています)

私は?
久し振りの海で疲れも溜まり、
もう韓国釜山の港が見えたんじゃないか!?
というぐらいパドルして、振り返ると、
直ぐそこが浜・・・
だいたいパドルしていて底の石に思い切り手が触れますからね・・

気を取り直して今度こそ!
と思い周りを見るとアウトは遙か彼方・・
霧に霞んでいます
(ぶつかるスープでハッキリ見えないだけ・・)

気を取り直しつつ頑張るものの
インのスープに捕まり抜け出す体力なし
突破しやすいショートボードに変えよう、と作戦変更。

しかし、
疲れた体に玄界灘の荒波が襲いかかります
良い様に翻弄される私・・
それでも何とかドルフィンアタックでインを突破してアウトへ
アウトでは小山のような小波がブレーク!
(注. 世間ではこの波を膝、良くてモモの波とも表現しています)
体力を使い切ったのか後二掻きができず、
全くテイクオフする出来ないまま・・・
インに流されます
もう今日は潮時ということのようです
ムライさんに先に上がります・・
と伝えて上陸して、暫し浜で転がって息を整えながら空を見つめるのでした

何雲かは知らないけれど
ビュンビュン流れていますね

時刻は午後3時前

やっと水を浴びて着替えていると、
さっきまで海に入っていた姉々がウエットを着たままパグを連れてお散歩へ

「もしかして今からそのパグ犬がボードに乗るの?」
と尋ねると
「あ、この子、ボードに乗れますよ!
  落ちたらおぼれかけて騒ぎますけど」
ホントに乗るんだ。。
犬用のライフジャケットも考えているんだとか・・
こんどK浦に行ったら
ライフジャケットを着けたパグが波乗りをしているかもしれません。
楽しみにしてますよ、と言っておきました

そんな下らない話をしていたら
登場したのがKoji&Rikoのお二人です

「久し振りですね
  どのくらい振りですかね?」
下手すると昨年の宮崎の海で会ったきりかもしれません
最近は宮崎に頻繁に行って波乗りしてるとのこと
今のK浦の波を見て
「K崎のインより小さい・・」
いや、ホント。
そんなK浦の波に仲良入って行く二人でした。。。

仲善きことは美しきかな

ムライさんも上がったようで
最後にコーヒーを飲み、茶菓子を食べて上がりです。
最近近所に出来たお風呂やさんへ誘われますが、
(市外の人は300円)
まだそこまで寒くないし、福岡だから自宅で直ぐ入れるし、
で今回は遠慮しておきました。
寒くなったら行こうね。

帰る途中で多分N多へ向かうであろうmoritomoさんとすれ違いました
来週はシーカヤックレース大会ですから
裏方さんとして忙しいのでしょう。
良い波が残っていることを祈ります。


やっぱり、波乗りは良い!
あんまり乗れなくても。。。

しし座流星群

今年の「しし座流星群」は、
2001年の大流星群にはかなわないものの、
1時間に200個以上の乱舞になるという予想らしいです。

11月18日午前0時が、その極大!らしい。。。
(月齢1日なので、夕方には月が沈み、非常に見やすいらしい)
流星群自体は、10日前後から20日過ぎぐらいまで見えるらしい・・・
深夜、出きるだけ暗い所で東北東の空を眺めると、良いらしい。。。

以上、
 「らしい」情報でした。

今から十数年前に見たペルセウス座流星群の乱舞の凄さが、忘れられません。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。