スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4週間ぶりの波、来たる!

4月29日、
休みの日としては4週間ぶりに波が

。。。。。。

   来た!


というわけで、朝一から出撃予定が
いつもの寝坊で、
N多に着いたのが9時半頃

道路脇から満車状態で
いつもの主駐車場は満車で、
第2は工事用で閉鎖されているので
松林側の第3(?)駐車場へ。

早速波を見に行くと
海はゴマをまぶしたご飯のごとくサーファーだらけで
真中ぐらいに乳首サイズの良い波が来ているようです。

急いで着替えて
M苫寄りのちょっと離れたポイントへ

ボードはショートボードですよ
この前のショップの練習会でドルフィンスルーを実地に教わり納得したばかり
(一応納得はしたけど、出来るようになった訳ではない
                ↑ ココ大事。             )

覚えたばかりのドルフィンスルー(もどき)をやりながらアウトへ出ましたが・・・

メタボ~乳首の波は来るのだけれど

よし、ココで♪

と待機してパドルを始めると
ス~ッとたるくなり

かなりインに行って

ブレーク!
(但し、ダンパー)

たま~に良い感じのが来るのだけれど、
気付いた時には・・・・・

私が下手なせいかとも思ったけど
練習会で一緒になる髭の兄々がちょうど隣に待機していて
波の状況を確認するも、同じ返事・・・。

「上手いんだから
  メインポイント(波の一番きれいにブレークしている所)へ行ったら!?」
と言うと、
「人が多いとこ嫌いなんです」
と素直でもっともな答えが返ってきました。


結果、
3時間粘って入って、
ライドは3本!

4週間ぶりに乗ったので、下手に・・・
と危惧していたのだけれど、
正直上手くなっていて、ビックリ。
  (自分で言うなよ・・)

いや、でも、
ショートなのに
何気にハッと思ったらテイクオフしてスタンド出来ていて
ロングほどではないけれど
 安定した姿勢で今までで最長のロングライド。
後ろ足もパッドの上に置いていたよ。。

3本とも、、、

波がジャンクだったので、
ロングだったら遅い!というタイミングでテイクオフ可は嬉しいことです。

ドルフィンスルーはどうだったかって?

・・・まだまだ・・・だね・・・

いまだ、ドルフィンアタックの域を超えず・・・
(初心者用なので)ボードの浮力が大きくて沈まない・・・
昼からは、ドルフィンスルーの練習に再び入るつもりだったんだけど
一度上がって着替えると、もう面倒で・・・


久しぶりにM部さんと会って、互いに近況報告。
日向の小倉が浜へ行かれたとのこと。
山鹿から高千穂経由で5時間ぐらいだったとことでした。
金曜日の夕方出て、夜に着いて駐車場で車中泊して、朝から2ラウンド、お昼ご飯とお昼寝の後に、もう1ラウンドして、夕方早く(3時ごろ)日向を出て、山鹿で温泉に入り、8時過ぎには自宅に戻ってたとの報告でした。

よ~し、私も5月になったら日向に行こう!!



スポンサーサイト

今年初の宮崎へ③

朝、目覚めたのが6時前
2度寝して起きたのが6時半。

体は痛いが、気持ちの良い朝です
ラジオから流れる”ラジオ体操第2”の掛け声が気持ちの良い朝だよ!と言ってます
WFK宮崎ではNHKラジオがBGMとして流れています
(他が入らん・・・)

朝飯(バナナとクラッカー)を食べ、
出す物出して朝のお勤めも終わり、
いざ海へ!
・・・体が痛い・・・

木崎へ着くと、
昨日よりサイズ、波数ともに落ちていますが、
よりメローになり(たるくなり、とも言います)
ダンパーに気を付ければ私向けか?

そう期待して、入るも、
良い所は競争率が高く、なかなか乗れず・・・
大きいのを待っているとダンパーになるし、、、、

まあ何とか競争しながら乗って
後ろへワイプアウトするのではなく
前へワイプアウトするようになったので、一つ前進かな。
ロングライドも何本か出来たし、
良かったことにしよう。

奴隷を引き連れる女王様も見れたことだし・・

名残惜しいですが、帰る時間です。
3時間の海遊びを終了してお着替えタイム。

未だ残る皆さんに別れを告げて
向かうは青島のスーパー鮮度館
(ホテルグランディアの下の方にあるスーパーですね)
ココの弁当が目当て。
昨日はお腹が一杯で食べれなかったけど、
美味しそうなお弁当があるのです。
買ったのは、豚生姜焼き弁当(450円、昨日は398円だったのに・・)
海を見ながら食べて、美味い!
ビールが欲しいな、kirinのFreeでも買っておけば良かった・・

高速へ入るも、眠くて眠く最初のパーキング(山之口)でひと眠り
と思ったら1時間が経過、、、

帰りの高速上り線は
渋滞を避けて少し早目に行動したはずが、
渋滞情報こそ出ていないけど
広川インターと鳥栖ジャンクションで何度か止まるほどの渋滞。
そう言えば、宮崎へ向かう時もやたらと車が多く、
宮崎自動車道に入っても車のライトが途切れません
こんなことは初めてです
(って、ここ1,2年しか経験ないけど)

思うけど、
この日本はホントに不況か?
 今までの経済学では説明できない何かが起きているのじゃないか?


帰りついて
風呂沸かして浴びて、洗濯して干して、荷物整理して、夕飯作って食べて、
いま、一人者なんで全部自分でしなくてはならず
ちょっと辛かったりして・・・

あぁぁ疲れた・・・
全部終わったから、さあゆっくり飲もう!
と思って日本酒の小瓶を開けたら不味かった・・・

最後に、
 しまったぁ~、しくじったぁ~

今年初の宮崎へ②

車が走るのは国道220号
一路日南へ向けて南下します。

やがて、右折のランプが点滅し始めました
あぁ、ココを曲がって集落の方へ入るのだな。。。
と思って続いて突っ込もうとしたら
国道に面した一軒家でした

国道を挟んで一軒だけ廃屋があり海風が直接当たるのを防いでくれています。
(ドライブイン跡? 宮崎の某サーフショップの所有物らしくショップ跡では?)
海が直接見えない、とも言います。

しかし、ちょっとずれればすぐ海。
しかも、透明度の高い青い海。
小さな小さな漁港が左手に見えますが、
前方から右手は磯が広がり、そして太平洋です。
時には猿も来るとのこと

緑の山と青い海に挟まれた場所にあるのが、
Waaao Fukuokakara Kitaze 宮崎 です。

まずはお昼のお弁当を食べて
いよいよ、ファクトリー見学です。

今、バラさんがシェイプ中のボードが置かれているのが、塗装エリア。
内部に入ると、
組み立て中のシーカヤックの置かれた組み立てエリア
など、ブログの写真で目にしている風景が目に入ります。
一軒家を途中で間仕切りして、ファクトリー部分にしたとのこと
色々と不便な点も多々あるようですが、
様々な工夫をしておられるようです。
ここでWFKのカヤックが出来ているのですね。

もちろん、今日私が止まる予定のVIPルームも見ました。
ソファーにテーブル、本棚から、テレビまで
(ただし、山影なのでアンテナを修理しないと電波が入らず・・)

ちなみに、サーフボードの本体は売っているそうで、
バラさんがキッシーさんのロングボードをシェイプしているところでした
そんなに簡単に出来るの?
とお思いでしょうが、
出来るみたいです。。。
もちろん、本職のように薄くとか細かくは無理のようですが、
少なくとも見た目は十分に売り物になるボードが出来つつありました
後は乗ってみてどうか!?だけですね。
・・購入希望者を募集中です??・・

そして、近く(自転車で5分)の日南のビーチ見学
夢には見てないけれど、
海の青さが記憶に残る日南の海です。
その名も、ダイヤモンドIBII

専用駐車場に車を停め、偵察。
ビーチの両サイドで良い具合に割れています
上手い人にはたるく思えるでしょうが、
私レベルでは「もしかして私、上手い!?」と錯覚を起させそうな感じですね。。。

食べたばかりで腹がくちくて、
直ぐには入れないのが残念・・・
もうすこしして、腹がこなれたら、、、いざ、Go!しようではないですか!

駐車場不足とマナーの点で色々と問題の起きている日南らしいですが、
ここは駐車場もバッチリ
右手のローカル用、左手のビジター用とに分けられ広さも十分。
宮崎を中心に「きょうちくえん」(スイマセンが漢字を知りません)という焼き肉チェーンを展開するあわたりさんが
自宅(どこかのリゾートハウスか!?と思うぐらい立派)に隣接する土地を駐車場として地区住民とサーファーさんに
無料で提供しているのだとか・・・
散歩をしていた近所のおばあから得た情報でした。

で、時は過ぎ、いざ入ろうと再び訪れたら、
波は悪くなり、でも人は増えて、
入水するのを断念

正直、ちょっと心残りです
次に期待しましょう!

さて、目的地を木崎(加江田)へ変更。

オンショアの風が強く、
ちょっと前まではウィンドサーファーが闊歩していたとの情報もあった海です
ココまで来たし、一風呂じゃなかった海へ入ろうじゃないですか
というわけで、
私は今回はロングボードでGo!
M本さんはサーフカヤックでGo!

でも、午前中のショートで疲れた体が回復していないようで、
ボード上で直ぐにバランスを崩しワイプアウト・・・
何度アタックしてもダメ・・・
(足腰をもっと鍛えなければ。。)
1時間弱で早々に上がりました
M本さんは?
  何でもこなすねぇ。。。!



WFK宮崎で
お風呂に入り、ビールを飲み、鍋をつつき、焼酎を飲み、DVDを観て、
VIPルームで寝袋に入って寝たのが10時前。

おやすみなさい

今年初の宮崎へ①

春になり、福岡の波乗りシーンは波不発の時期に入りました。

というわけで、
今年初の宮崎ツアーを敢行することになりました。
その名も、

 「 わぁぁお~ 福岡から 来たぜ! 宮崎
     祝・独立! 木崎へ行ってM本さんに会おう!]

略して、「WFK宮崎ツアー」

ちなみに、WFKというカヤックメーカーは、
熊本にある小さなファクトリーですが、
そのカヤックの性能の高さ、丁寧な仕事ぶり、良心的な価格
と三拍子そろって、
日本中のカヤッカーに(そのうち世界に)名を知られているカヤックメーカーです。

さあ、ここで問題です。
WFKとは何の略でしょう?
次の三つの中から選んでください。

① Water Field Kayaks
② World Fighting Kayaks
③ Waaao Fukuokakara Kitaze

さあどれでしょう!?

正解は③番です
少なくとも今回は③番です。。。


さて、宮崎の木崎へ行った話でした。
朝6時半、木崎着。
思ったよりも車が無く、手前側に駐車

サイズはセットで乳首以上と見ました
着いてすぐは疲れてるし、
気合もいるし、
とグダグダしていたら

横に停まった車から出てきたのはM原さん。
「ちょっとハードそうですね・・」
との会話から始まり延々30分以上話が続き、
そうこうしているうちにM本さん、ローカルのY田さんも登場

じゃあ入ろうか・・・
という訳で、いざ、海へ行かん!

宮崎に期待する纏まりのある小山のようなきれいなうねりからの波ではなく、
風でよれてちょっと纏まりの無い波です
ブレークは早く、乗りづらい。
(良い時は良いのですが・・)
一見、福岡の波みたいです

元気のある最初は、まずショートボードでGo!

New Waveの波情報の写真を見ていると良さげに見えますが、
あれは上手い人が乗っているから・・・

今日の波の感想を結論から言いましょう

乗り遅れて、転がされて、揉まれて、
ちょっと納得を1本

課題は「前加重」
腰が引けているので、ワイプアウトする時も後ろへ倒れています。
それがハッキリ分かったこと
これが今回の収穫かな。。。

私とM原さん、
ふと気付くとかなり青島へ流されています
「どこまで流されますかね??」
なんて言いながら、
「ま、波は来るから良いか!」
と、戻る努力をしないまま流されていたら、
加江田側の北側で乗っていたはずなのに、
青島のパームビーチホテルがすぐそこ!
という所まで流されてしまい、上陸して歩いて振り出しに戻る。。。


一度エネルギー補給をして、再出撃。

M本さんは、もう既にローカルです。
この乗り難い波でも、スタイリッシュにロングライドを決めています。
私が1本乗る間に、2,3本は乗っています。

やがて、アリさんもやってきてサーフカヤックで出撃。
私がアウトで待っている時に
ちょうどアリさんの前にブレーク寸前のメタボ波が・・・
「あぁぁ」
というアリさんの雄叫びを残して華麗にバックドロップが・・・
ま、何事もなくロールで戻して、、、、、
私がダンパーと思うような波を高速チューブとでも考えているのでしょう
難なく波をメイクしていくのです
技量の差というのはこういうことなんでしょう。。

3時間遊んで、第1ラウンド終了。

今、強いオンショアが吹き始めています
風が落ち着き、波が良くなる夕方まで
お昼を食べて、昼寝して、読書して、
時間を潰そうかとでも考えていたら、
M本さんから、
「自分のとこへ来てお昼食べませんか?
  いま、ちょうどバラさんがボードをシェイプしているんですよ。」
とのこと。

今日の夜に伺おうかと思っていたのですが、
早くも、謎に包まれたWFK宮崎へ行くチャンスが生まれたようです!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。