スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココは一発、西で勝負!

こんにちは、
全国1000万人の波乗りファンの皆様
先日23日は、如何な波乗りだったでしょうか!?

前日(22日)からソワソワして
波予想やら波高予想やら天気予報やら
ソワソワとチェックして出した結論は

「北うねりの波の素がこれだけ福岡近辺を通過して、北東の強風!
 となれば、福岡のメジャーポイントは全滅クローズに違いない!
   東だったらS宮かH津、西だったらF江かH崎。。。 」

どうです、実に緻密な論理を積み重ねた帰結!
我ながら惚れ惚れします。

んで、当日
いつも通り寝坊して、家を出たのが朝8時・・・
途中のF江はサーファー一杯、N丈はクローズ
読みの深さに頬が緩むのでした。

そして、10時前にH崎に着いた私を出迎えたのは

 強風と雨、そして誰もいない海・・・

私が今日何をしに唐津まで来たのかって?
名物の美味しい魚ロッケを食べに来たのです
( とある老舗の蒲鉾屋さんで購入可です )
お店に寄って御主人の御尊顔を拝みに行くことに。

コーヒーを御馳走になりながら
元気を分けてもらい、積もる馬鹿話をしていましたが、
彼曰く、
「昨日は腰ぐらいの良い波が来ていた
 今日は昼過ぎから夕方にかけて
  サイズは小さいかもしれんけど、掘れた良い波が来る と思う
 俺の心の眼には、その情景が手に取るように見える!」
そういう趣旨の御発言が。。。

ローカル、いや、どローカルの彼が言うのです

私が今日、ココに来たのは間違いではなかった
 神の御導きかもしれない・・・!

そう思っても誰が責められましょうか
お昼に早速食べた魚ロッケは美味いし、
雨は止み、かすかに日が差してくるし、
「ザ デイ」の予感と期待は高まるばかり。。。

待機中、見回りに出ていたumiさんから、サダッチさん達が来ているとの情報ゲット。
出逢ったミヤさんと話しによると
朝6時前にはT川で待機するもクローズ、
そこから転々とポイントをチェックしながら西のH崎まで流れてきたらしい、、、

波は「ザ デイケア」という波
1時、着替えて Let`s ride !

まずは良さげであると噂のあった河口へ
思った以上にタルく乗り難そう・・・
前後しながらピークを探すも乗れないまま吹きすさぶ強風に流されどんどん浜中央部へ
その間、シゲさんと御挨拶し、そのまま流され・・・
気が付くとホテル前を過ぎウィンドサーフィンショップ前へ

相変わらず乗れないままですが、
ふと見ると傍にいるのは、和菓子でなかった我が師umiさんです。
良い所を見せねばなりません!
ちょっと無理筋だなと思う波をも力んでパドルしますが、
無理なものは無理!

いやポジションが、いや風波で、と言い訳するも
ま、下手だから・・・!
という一言でおしまいでしょう。

その今日1番の会心のライドをしまして、
どう? 見てくれました?
と沖を見るも、師は波を求めて求道の旅に・・・

でも、本当に乗り難い
掘れそうで掘れない・・・
途中でタルくなったり、、、
テイクオフ出来る波のピークを見極めることが(私には)とても難しい

おまけにココでは砂浜に何箇所かテトラがあり、一部は海へ伸びています
そこまでライド出来る訳もないのに
波が来てテイクオフしようとするときに考えちゃうのです
あのテトラにぶつからないようにしなきゃ・・・
(ハッキリ言って余計なお世話じゃなかった、杞憂です。)
そう思うと、乗れそうな波もそのまま見逃すことも多々あり
まぁ、他のサーファーさんも一杯いますから
下手くそとしては
明らかにライン上に人がいる時はテイクオフ出来ません

その後、私も求道の旅に出て波を探すも
”会心の波その2”がやっと1本あったぐらい
コジさんとも波が今一つだね・・・と・・・

アウトなんてもんじゃないぐらい沖を見ると
この日のスーパーセットを狙うサーフカヤッカーが一人
たまにアウトでは大きいのが来ていたようですが乗れたのでしょうか?

ザ デイ とはなりませんでしたが、久々の海
やっぱり良いですね ♪

4時前には上がり、福岡へ戻りました。

今度の週末にも期待をかけましょう
それでは海でお会いしましょう。


ちなみに、M苫はGood Waveで遊べたようです
世の中なんて、こんなものです・・・

スポンサーサイト

日向の波は膝桃?

御無沙汰をしていました。
今年の夏は本当に波がありませんでしたね。

8月のお盆前の台風による良い波には仕事で乗れず
お盆に入って何とか膝波には乗ったものの
ジャンクで力無く
あまり楽しめず・・・
おまけに、どうもギックリ腰になってしまったらしく、
3週間ほど大人しくしていました。

ギックリ腰の原因は不明。
波乗り後の着替えの最中に、いきなり腰に痛みが・・・
 ・・・歳かなぁ

耐えに耐えて、
先日の日曜日&月曜日に日向の小倉が浜へ行ってまいりました。
波が小さいのは分かっていましたが、
リハビリには丁度良いだろうし、
あのうねりから来るきれいな波に乗りたくて。。。


んでもって、月曜日の早朝6時過ぎに到着。
予想よりも波は小さく見えますが、Go for it !
(使い方が違う気がするけど・・)

まともに波に乗るのは、2か月ぶり?
午前中のラウンドでは、
 なかなかテイクオフのタイミングが合わないは・・
 乗っても重心が掴めずショートライドに終わったり・・

そうこうしているうちに、何やら、スピーカーから放送が始まり、
皆、次々と上がるじゃないですか!?

これは出たな!
日南に出たというサメが、とうとう日向にも出たか!
と思ったら、、、、、

第2日曜日で、ビーチクリーンでした。。。

朝一と較べて、波も小さくなったし、
ちょっと早いけど上がることに。

開けれる所はすべて開け、
冷たい物を飲んで、
速乾性Tシャツを着て、
秘密兵器のすだれをかけて陽を避けて、
心頭滅却するためにマンガを読んで、
と、
色々やったけど、うだるような暑さは、やっぱり暑い!

グデグデしながらお昼ご飯も食べ、ビールを飲み、やっぱりグデグデ。。。

車の周りを散歩(?)していると、
作業用トラックで乗りつけたグラサンのおいちゃんと目が合い、、、

グラサン 「車に乗るのはいつごろですか?」
 私   「もう少ししたら干潮になるんで、もう1回乗って、夕方に移動ですかね。。」
グラサン 「ビールを飲まんですか」
 私   「え、良いとですか。 じゃぁ、喜んで。。」
というわけで、
昼間からビールを奢ってもらうことに。。
話をしていると、どうもこの辺りのローカルにも詳しい様子、
「俺も、サーフィンをしようと思ったことがあるけれど、娘から止めてくれ!と言われてね・・・」
「え、そんな、、、歳やら関係無いからやれば良いやないですか」
「俺は、ブチ当たっても、謝らんのよ・・」
「・・・・・・」
「男は簡単に謝ったりしたらいかん。女からもそう言われた。
  男が本当に謝る時は頭の角度が違う。」

おいちゃん、波乗りでブチ当たったら、
それって本当に謝らんといかん時やと思うけど・・・。

とにもかくにも、面白い考えと行動の人みたいで、
方言も混じり話は半分ちょっとしか分からなかったけど
大いに盛り上がり、
そいじゃ、私は午後の波乗りに行ってきます!とその日は別れたのでした。

波乗り感覚も徐々に戻り、午前中と較べてだいぶましに。。。

波乗り後、
近くに道の駅にある”お舟出の湯”に入り、潮を落とし、疲れを取り、
セブンイレブンで弁当やらビールやらを買って、
駐車場に戻り、
風の吹く涼しい中、
暮れなずむ海を見ながら、食べて飲んで、至福の時。

しかし、真っ暗になり、
ヘッドライトで本を読んでいれば虫が来るし、、、
車に入り扉を閉めると暑いし、、、
ちょっと前に手ひどい二日酔いをしてお酒は進まないし、、、

一人だからすることが無い・・・

寝苦しい夜でした・・・(今回、一番の誤算)

ちょっと誤算の夜が過ぎ、翌朝5時過ぎ。
まだ暗いけど、夜明けが近く
朝一を狙う人が集まりつつあります。
(ちなみに、日の出は6時前ね。)

5時半前、明るくなりはじめ、海の様子がちょっと分かるようになってきました。
コーヒーを飲みながら、ふと海に目をやると、

もう4人は入っています
更に5人が続こうと歩いています
私も急いでパンを食べ、準備をして海へ!

波は、昨日と同じぐらいの膝桃。。

ちょうど朝日が昇ると同時に私も海へ
朝日が海面にさす、その輝くなかを沖へ。 朝日への道だよ ♪
良いことがありそうな・・・
しかし、こんな早くから波乗りするのは人生で初めて。

昨日のリハビリで、勘を取り戻し(?)
今日の波乗りは絶好調!
(波は小さいけどね。。。)
小さいなりに安定してサイドへのロングラン連発!
ボードの前にサササッと進み、波のフェイスを切り裂きます。
気分だけ(!)ハングテン!!
(頭の中のイメージは雑誌に出ているサーファーさんの格好良い写真 ♪
 実態は、きっとへっぴり腰なんだろうけれど・・・
  波が良いと。上手くなったように錯覚できます!)
7時半を過ぎた頃から、セットも来なくなりはじめ、8時半に上がりましたが、既に2時間半も波乗りなんて。。。
気持ち良く納得ライドもあったしと、
意気揚々と駐車場に戻ると、

昨日のおいちゃん(奥Dさん)が待ってました。。。
よく分からんままに、再び話は盛り上がり、
「若い人にはコーラやろ」
と一回り上のおいちゃんに言われ
今度はペプシコーラとピザを御馳走になり、、、
良いとかいな!?
(ちなみに飲んでる途中で、俺にもそのコーラを少しくれ、と言われました。。)

さて、10時に日向を出て、高千穂&阿蘇経由で下道で6時間かかって帰宅。

欲を言えば、もう少しサイズがあれば・・・ですが、
変な人と知り合いになった面白い宮崎トリップでした。

それにしても、
小倉が浜は、若い女性が多い。
木崎の場合は、だいたい連れの男がいますが、
小倉が浜の場合は、女性単独、女性だけのグループが結構多い
(いや、その方が多い気がする・・)

以上、どうでもいい情報でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。