スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーパ?

9月27日 午前7時
朝靄のたたずむ中、湖畔に立つ私

今から起こるであろう釣果を想像すると(恥ずかしくて)膝が震えます。。

周りを見渡せば湖の中央に島があり、
 (30mほど向こう・・)
遠く対岸は霧にかすみ、
 (6,70m向こう・・)
耳を澄ませば名も知れぬ鳥の鳴き声が、
 (鳥の名前を知らないだけ・・)
近くを見やると土人たちが朝の狩に走り回る姿が、
 (地元の人がジョギングしてます・・)

ここは、kasuyamati の kayoityoukouen です。
湖(世間では池とも言います)の全周は約4.2km。

狙うは、ビッグサイズ!
気を落ち着ける為に大きく深呼吸して、構えて、
まず第一投!!

いきなりのバッククラッシュ・・・
10分かけて何とか元に戻しました

おっ、向こうでライズを発見
第二投!

続けて、三投、四投、、、

朝の静けさのなか、
ルアーの飛ぶ音、引き戻すリールの音、
凪(?)の鏡のような水面をラインがスーッと切っています

しかし、魚の当たりの欠片もありません

ルアーが悪いのかもしれない

表層狙いのホッパーに変更

どぉりゃぁー!
 (軽いし下手くそだから力いっぱい投げないと飛びません)

良い具合に飛んで
向こうにルアーの落ちる音とともに波紋が広がります

が、

手応えが   無い
    全く   無い

慌てて糸を巻いてみると、
ルアーを結んでいたラインは部品が抜けて、
ルアーだけがそのまま吹っ飛んでいった模様・・・

100円ショップで売っていたルアーだからね
文句も言えない・・

気を取り直し、
ルアーをスピナーに変更

とぉりゃぁー!

飛んでいったルアーが水面下に沈み行く途中のことです
いつもなら、
 続いてラインが水面を切るように手前に落ちていくのですが、
今回は、
 ラインが張って、向こうへスーッと伸びていくではありませんか!

北!
いや違う、来た!
当たりだ!!
ドラグも効いてラインが伸びます。。

よし、巻こう!
と、思ってリールに手をかけてちょっと巻いたら・・・

グッと張っていたラインが急にたるんでしまい
抵抗がなくなります

残念ながら、ばれたようです・・・・・

きっとあれは、50cmクラスのランカーサイズに違いありません
思い起こしてみれば、
水面からライズしてそのビッグサイズの魚体に朝陽が反射して眩しかったような気がしてきました。。。
段々と、そんな気がしてきました。
惜しいことをしたものです・・・
 (その日、kayoityoukouenn にいた幾人かの釣り人に尋ねた結果、
  時として40cmオーバーのブッラクバスが釣れる事がある
  だけど、食いが渋くて、誰も釣れてないようだ・・・
   とのこと、、     )

その後は、
投げても投げても
ルアーをロストするばかりで、何の反応も無し
という寂しい結果に・・・
2時間で6個のルアーをロスト
 (まぁ、ワーム以外、全部100均のだけど・・)

1回だけ、
湖に向かって投げたはずのワームがナゼか奥の陸地に飛んでしまい、
ワームを狙って
この公園で最強の野生動物に追っかけられたことがありました
 (世間では、野良猫ともいいます
   エサを上げる土人たちが多いらしく、
   数は多いし、毛並みも良い。)

ブラックバスは向いていないのかもしれない

今度は、あれだな、
シーバスだな。。。
それとも、エギングでイカ釣りかな。。





先週の土・日にあった波を逃しているので、
1ヶ月近く波乗りをしていません
波が来ないものか・・

来月中旬は
いよいよ宮崎詣での予定
こんなことでは、行っても乗れないかも・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

土曜は、S入りで、はらむねのほれた波が上がりましたが、午後3時以降からあがったので、1時間ほどしか乗れませんでした。(ロングは、クラッシュして修理中なので例のあれを使いました)
ところで、行ったんですね。大ボラkチョウ池。(私ら仲間内ではこう言います) あそこはなかなかつれないんですよ。あそこにBBが生息するという噂が立ったのは、私が高校生の時ですからそうとう昔です。そのころ開口健の小説にのめり込んでいた私は、彼の他の読者同様、ルアーフィッシングにあこがれておりました。通いましたよ。自転車であそこまで。(ご存じあの自宅からです)結果、1ぴっきも連れず。そのころの噂では、50オーバーが・・・とか、35オーバー爆釣・・とか。私の仲間も挑戦していましたが、つるには釣れたが、あまり芳しい話は聞きませんでした。そのころ、出会ったばっちりきまったお兄さん(フェンウィックのロッドにリールはABUのアンバサダーおそらく2500c)が、「少し前までよかったんだけどBBのことが知れ渡って、魚がスレまくってるからね・・ライトタックルがいいよ」と言ったのを思い出します。
3年前、ちょっとしたことで、Bギルを調達しなければならなくなって、20数年ぶりに訪れてみました。思った数が集まらなくて苦労していたときに、BB狙いのお兄さんが手伝ってくれました。(彼女づれです・・時代は変ったなあ・・昔はそんな人いなかったが・・うらやましい・・)その時彼が言った言葉は、「ときたま40オーバーが釣れたという話を聞きますが、そんな光景見たことないです。僕も結構通ってますが、たまーに、25が1ぴきとか・・魚いるんでしょうけどスレまくってます。」    状況は、昔と変わっていないようです。   あっちゃんさんが向いてないのではなく、場所があまりにも知られすぎて魚がスレまくっていただけのことです。あの近所なら、流通センターの付近の川(いくつか小さな支流にわかれ魅力的なポイントがあります)で昔(まだ20代でした)、夢のような爆釣を目撃しました。私自身は、39を一匹と、35位の5匹でしたが、一緒に行った方は、トップウォーターのポッパーとペンシルべイトで31投26釣(何連続で釣ったかは覚えてませんが・・)というとてつもない釣りをしました。(これ話すと、うそだ!とみんなに言われますが、私は見た!です)当時あの近所にお勤めしていた知り合いのおじさんから、「昼休み川原でたばこ吸いよったら、大きい魚がじーと浮かんどったい。コイやなかもんな・・いっぱいボーと浮いとるが。」という話を伺って、2人で、それはBBに違いないとにらんで、行ってみたのです。トップウォーターで26匹・・信じられますか!?   しかもそのうち2匹は40UP、35upはたしか5か6匹・・しかも彼は、ルアーをはじめて3ヶ月くらいです。私は打ちのめされました。彼はその後ルアーフィッシングの暗黒世界へまっさかさまに落ちて行きました。(いまでも楽しそうにやってるとのことです)
とまあ、あの池の近くにもポイントはいくつもあるので、探してみてはどうでしょう。わたしは、最初の1匹を手にするまで、1年半かかりました。(だってあのころ福岡でBBが釣れるポイントは、雁ノ巣野池しかなかったんだもの)いまは、いっぱいポイントがあります。私がお話しした場所も有望でしょう。爆釣の彼が、ほかの誰にもしゃべらずに、10数年あの川がひっそりとしていればの話ですが。
追記:ちなみにわたしはBBやめています。別に生態系がどう    こうという理由でなく、ちょっとしいやな目にあったの     で。
追記:いつも長文ごめんなさい。

土曜日は夕方まで仕事でした・・・、
S入りは、やっぱり他のポイントよりもサイズが1~2サイズ大きいですね。 私はどうしても、M苫が基準になるもので。
行ってみたいけど、行ったことが無い所は行きにくいもので、、

それにしても、大ボラKチョウ池・・・ですか。
うちの息子が釣りに行っていた数年前でも、雑誌を含めて「あそこはBBが釣れる!」という情報でした。 プロが釣っての情報だったのですかね、既知の情報が必ずしも正しいわけではないと言う一つの例ですね。
隠れた実態の情報、有り難うございます。
私は今頃になって開高健を読んでいます。

クラッシュしたボードは、修理で済んでいるのですか?
それとも・・・

k浦で、かなり流されていたのですが、パドルもめんどくさいな、でも帰らなきゃと思ってたところへお思わぬ大波、グーフィーでかなりロングライドしたのち、向こうからうねっていた波に乗継さらにロングライド。オオイェイ!波打ち際まで乗れたので、調子に乗ってもう一本。これがいけませんでした。それほど大きな波でなかったのですが、スピードが乗ったまま浅くパーリングと、そこに「こんなとこにあったけ!」な結構大きな石。ノーズクラーーーシュ!です。せっかくクラック補修してもらったのばっかりだったのに・・結果、ファクトリー送りです。とほほ・・・・
kチョウ池ですが、全くつれないことはないんでしょうが、釣りの常として、行ってみないとわからないってことと、開口健も言っていますが、常に「少し前はよかったが・・」です。地道に情報を集めて、開拓することが大切みたいです。(釣竿持った中学生ぐらいの子が一番正確な情報を持ってるみたいですよ。私の経験上)
ちなみに、開口健は、オーパシリーズも好きですが、私のお気に入りは、「渚から来るもの」と、「フロリダへ帰る」と「玉、砕ける」です。      悠々として急げ!

ファクトリー送り、お気の毒です。
K浦は、結構海底に石があるからね・・・
私もフィンを1本折ったり、クラックが入って修理したり、とやらかしました。 K浦では欲張ったらダメですよね。

開口さん、今から悠々と急いで読んでみます。
昔は、写真が多くて何だコレ?と思っていたもので・・

池で釣っても食べる気にならないのが、欠点です。 この時期まだ海より涼しいのですが。
食べれるお魚を釣る!
シーバスやエギングに挑戦したい、と思うこの頃です。 北Qシゲさんのブログ(外遊帳+)を見ると、毎回釣ってますモンね。。。



h崎沖、親父がつっていたポイントがあります。
50センチ以上のスズキが釣れます。
夕凪 朝凪の 潮止まりの時のようですが・
舟がいりますが。シーカヤックでも大丈夫かと。
ちなみにやはり生エビが食いが良いと聞いております。 ルアーでもヒットするようですよ。
BBですが、これまた 地元の鳥巣地区のため池・。 ここにBBが自然発生??しています。
いかがでしょう。

オーパ!?

う~む、BBの自然発生・・・
土砂の中の卵が、何千年ぶりかに孵化したのでしょう
さすが生物、
人智では計り知れない神の手が・・・

H崎、
何でもありですな。。。
波があっても無くても素晴らしい!
近いうちに、是非、寄らせていただきます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。