スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病を押して海へ

朝、嫁さんより早く眼を覚ますのも休日ならでは

「風邪、治ったの?」
・・・
ここで「まだ・・」とでも言おうものなら出撃禁止を宣告されますので、
「全然大丈夫!」
と(後ろめたいので)小声で言って、
何か言われないうちに、さっさと居間へ逃げます・・

N多へ着いたのは9時頃
地元の清掃活動があってるみたいで意外と人がウジャウジャ
波は?
うねりは結構きれいに入っていますが、
N多では小波、膝ぐらいです
M苫へ行けばもう少し大きいでしょう

さて、M苫ですが
セットで桃尻!
でも、ショートの集団が入っており近づけず・・

脇のピークを狙います

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、1時間が経過

1本も乗れず

たるいし、途中で消えるし、
カレントが見た目よりずっと強くかなり流されます

ジャンク過ぎて1本も乗れないままパドリングだけで終わるのは慣れてますが、うねりがあるのに乗れないまま終わるのは辛い!
インに移動して、せめてテイクオフ&スタンディングだけでも。。

インに来ればもちろんできるわけですが
気が付いたら波の一番良い場所まで流されてきてます

これ幸いとそこで乗っていたのですが
一つ気が付きました。

サーフカヤック出身のわたし、どうしても引き気味になります
まして、下手くそ。
下手くそは邪魔にならないように!

そう思って基本的に一番良いピークには近づかないようにしてました
サーフカヤック出身とかの問題ではなく
一番良いピークに近づかないのは、下手くその取るべき当然のマナーである!
そう思っています。

でも、いるんだ。
テイクオフもまともに出来ないような奴らが・・・
仲間と入ってギャアァギャアァ言いながらいるんです。
君ら、出来ないなら端の方で邪魔にならないように練習しろよ!
波乗りのマナーだろう!

日南のサーフショップのブログを読んでも色々と問題になっているようですし、
反面教師として気を付けなければ・・・
人のことは分かるが、自分のこととなると・・・テクを含めてなかなか分からないものですからね。

まあでも、約2時間半(最初の1時間は・・)
納得のいくライドはできなかったけれど、良い海でした。
来週も良い海でありますように。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

すごーい テイクオフもまともにできない奴らが・
言ってみたいですね。 正面切って!
あっちゃんがボードの上から 言うなら 効果満点。
来週あたり、起きだしの時は ショートから あ、兄貴 ご苦労様です。との声がかかるかも。

バカップルサーファーなんぞ見かけたら ボードの間をすり抜けてやろうかと 思いません?。

言えない、言えない
(ま、言える技量でもないし)
今時どんな馬鹿がいるかもしれませんからね。
でも、それを言うのがローカルというやつなのかも。。

昨日はそれをやっているサーファーさんがいました
思わず感心。

昨年、日向に行った時、
意図せずして上級サーファーが集うピークに周辺に行ってしまい、言われる前にとっとと退散したことがあります。
(もったいないので何本かライドを見た後に・・)

でも、あっちゃんはN多やM苫によく行きよるし、
(たま~にK浦T川やH津まで遠征するみたいやけどw)
RADIX にも知られとるからローカルみたいなもんでしょ。

仲間と入って騒いで海の雰囲気を乱している若い連中や、
ただ浮いて他の人の走るラインを邪魔している子達は、
「自分がルール違反をしている」とゆう事も知らんとです、
「波乗りには決まり事がある」と誰も教えんからです。


彼らに対して怒鳴ったり叱責するのではなく、
「そこは他の人が走ってくるから危ないよ」
「大勢で騒ぐのは他所へ行ったら嫌われるよ」と
言うてあげるのが おじさんサーファー のマナーですよ。








Snakeさん、こんにちは。

「おじさんサーファーのマナー」
言われる通りで返す言葉もありません。

ただ実際問題として、今後は出来るか!?と尋ねられれば、今の私にはまだまだ出来ません、と正直に答えます。
前乗り一つにしても、確信犯的にやって注意されたら逆切れして殴り合い寸前という話もちらほら聞きます。 小心者なので、ブログで吼えるのがせいぜいです。 悲しいかな、そこまでの勇気を持ち合わせていません。(車内で席を譲る程度の勇気はありますが・・)

この波乗りのマナーも、いつどこで身につけるものなんでしょうかね? 色々なブログでも時折、問題提起されてるようですが。
私自身は、サーフカヤックの先達から直に教わり、サーフィンのHow to 本を読んで確認しました。

ちなみに、ローカルというものの定義が難しいとは思いますが、私は「ローカルみたいなもの」にすらなっていないと思っています。 浮気症でアチコチに出没してますし、何より下手くそ。ビギナーの域を越えていませんよ。

あぁぁ、でも、この問題は簡単だけど難しいですね。


私自身、気づかぬ間に「やっちゃった!」ことがいくどかあります。その時は、速攻で謝りまくっています・・あまり偉そうなことは言えません・・・が、ここからは、お世話になってる某氏の話です。
 その日、あっちゃんさんが遭遇していたような状況があったそうなのですが、波が来たときにテイクオフしようとした人の近くでその状況を作っていた一人が、明らかに斜めにパドルしてきて件の人は途中でやめたそうです。とその瞬間「今だ行け!」とそのメンバーの一人が叫んで、数名がテイクオフを試みたそうです。しかし、誰もテイクオフ出来ず。邪魔した本人も大きな声で、「おれが抑えとくけん、どんどん行け」と言ったとか。一対多数なので件の方は何も言えなかったそうですが、そこへ某氏登場。某氏の前で、何度かそんなことをやったので、さすがに温厚な某氏も「君たち、君たちあのね・・・」と優しく諭すようにマナーやルールについてお話したそうです。ところが、彼らから帰ってきた言葉が、「大丈夫っす!俺らショップとかローカルとかのノリじゃなすうから。」「ボードも通販だから仮にこの近くのショップの人が来てもなんかいわれるすじあいもないし、そこに出入りしている人からとやかくいわれたくないすっ。」と言い返してきたそうです。最後はお決まりの「海はだれのもんでもないでしょう!」        
「ローカル?」「ショップのノリ?」・・・・彼らは、知っていたんですね・・・やっちゃいけないこと。それなのにあえてやっていた。      
その後の展開は怖くて聞けませんでした。某氏も穏やかな微笑みを浮かべてましたが。目がとても冷たーい光を放ってました。(言わなくてもわかっているでしょ・・・と言わんばかりに・・・)      ※一部脚色あり
まあ、こんな連中はいます。さらに、もっと意地の悪い人もいて、実際私も嫌がらせをされた上、けがまでしましたもんね。
まあ、その話は別の機会に。
私もできるだけ「大人のマナー」で伝えていくような努力をしていこうと思っています。(勇気はありませんが・・・)

けんかしてまで 波に乗ることはないというのが主義です。
危ないのには近づかない ローカルがきついところには入らない。
いまだに二丈のロングからは距離をおいてテイクオフしております。
顔見知りばかりですので、かえって遠慮しますね。
今時の バカどもはすぐにけーさつざたにしますから、けして手を出さない。特に腕に自信ありのおじさん達は、君子危うきに近寄らずですよ。

はじめまして、私は去年の春からサーフィン始めたおっさんロンガーです、 同じ福岡の東のポイントに入ってて年齢が近いあっちゃんさんのブログは気になって時々読ませてもらってます。

今回のブログやコメントは読んでうなづく事と気付かされた事が多いです、私よりサーフカヤックやサーフィンの経験が長いあっちゃんさんでも結構気を使ってサーフィンしているのですね。


私のホームポイントはM苫です、サーフィン始めてすぐの頃ローカルさんの高価そうなボードと接触した事がありました、沖からノーズライドしてくるその人の前で私がテイクオフして、その上パーリングしたのです。
この波やったら(自力で)乗れる、乗りたい、立ちたい、立って走りたい、とパドリングに夢中で・・、自分がひっくり返る間際に走ってくるその人に気が付きました。 身体に当たる!と思ったのですが、その人がボードを逆側にはじいてくれたので板同士がゴンッと一回当たっただけで済みました。

まずいッ!と思って、その いつも居る黒くて大きなローカルさんに「スミマセン!気が付きませんでした」と謝ったのですが、その人は「よかよか、あんたケガしとらんね」と言ってくれて、
「最初の頃は周りが見えとらんのが当たり前やけんね、乗っとる俺があんたの動きば見て避けないかんかったとたい。 あんたも板放り出したらいかんバイ、どっちに避ければいいか分からんようになるけん」と言ってくれ、それでも恐縮し謝り続ける私に
「板の傷は『お互い様』たい、大事な板やけど波乗りの道具、傷はいつかは付くけん」「M苫は練習ポイントやけ波のある時はドンドン乗らないかんよ、初心者が波に乗らんかったらずっと初心者のままやけんね」
と言ってアウトに出て行きました。
 
この一言でサーフィンは難しいなあ、40代には無理なのかなあ、と凹みかけていたおっさんロンガーは頑張るぞ、って気になったのです。
そして、この冬を乗り切り海水がぬるくなる頃には少し上手くなれそうです。


M苫は年齢高めのサーファーが多いですよね(特にロングボード、私も含くめて・・)皆さん顔見知りらしくいつも楽しそうです、 いつか あの人達と同じ沖のラインに並んで挨拶して波を待てるぐらい上手くなりたいものです。

あっちゃんさんも黄色いタカヤマに乗ったおっさんが横に並んだらヨロシクおねがいします。

Snakeさん、ムライさん、umiさん、トドお父さん、(もしかしたら読んでくれてる他の方々)
色々とご意見、有り難うございます。

波乗りの場合、ルールと言っても、規則に基づいて行う競技と異なり、安全に楽しむためのマナーみたいなものに近いですよね。 ある意味、常識的なことだとも思われます。
初心者ゆえ考えが及ばなかった・・・、そういうことはあると思うし(やったこともあるし・・)、諭せば(大上段ですいません)素直に分かってもらえるはずです。 でも、確信犯! こいつだけは・・・。 世の中、良い奴もいれば、悪い奴もいる、そういうことなんでしょう。 
今のところ、umiさんが言われる通り、「君子危うきに近寄らず」ですかね。。 気持ち良く楽しめる海であるためにも、正論が』常識として通る海であってほしいものです。
自分の身も振り返りながら、自分が”コイツ”にならないように。。。

自分がしている主な注意としては、
 まずは、自分の腕とその時の周囲の人の腕を常に意識
 他の人のライン上で波待ちやゲティングをしない
 前乗りに気を付ける
 ライン上に人がいればテイクオフしない
そんなところでしょうか。 あと、波待ちの時に周囲の知らないサーファーさんと出来るだけ会話して、コミュニケーションを取るようにしています。

追伸:トドお父さん、40代初心者サーファー、一緒に頑張りましょう。 タカヤマかどうかは分かりませんが、黄色のロングボードは昨年M苫で見た記憶があります。 私の方こそ宜しくお願いします。 タカヤマって、すごく高いボードじゃないんですか!?
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。